土地が売れない3つの原因と確実に売るための3か条

最初にはっきり言っておきます!
『よほどの過疎地、問題物件ではない限り、売れない土地はありません!』

土地が売れずに悩んでいる…なんて人は結構多いですが、売り方や対策の仕方をちょっと変えるだけで、必ず売却まで済ませることが可能です。

そこで今回は『土地が売れない3つの理由』に迫りつつ、『確実に売却まで持っていくための3か条』を紹介していきたいと思います。

土地が売れない3つの理由

早速本題に入っていきましょう。

「過疎地・問題物件ではない限り、土地は売れる!」

そう断言しましたが、そもそも土地を売ろうにも人がいなければ売れることなんて当然ないですし、建物が建てられない狭小地や除染に多額の費用が掛かるような土地など、何かと問題がある物件なら売れるはずなんです。

それでも土地が売れないケースが多いのには、大きく分けて3つの原因が考えられます。

 そもそも需要が全くない

1つ目の原因はズバリ『需要がない』ケース。
当然ですが、この場合は土地を売り出しても現地確認の申し込みすらないです。

・人がいない(需要家人口問題)
・魅力がない(競合物件が多く、今の条件では買い手がつかない)
・買い手にとってデメリットが多い(土地の状態や場所など)

こういった理由から需要がないと言われることが多いですが、まずは本当に需要がないのかどうか、人口や条件なのかは確認・分析しましょう。

業者の売り方が間違っている

2つ目のケースは『業者の売り方』の問題です。

この場合は現地確認の申込が合っても購入まで進まない、そもそも現地確認の申し込みがない場合が多くなっています。

一言で『業者の売り方』といいますが、その理由は様々

・ターゲットミス
・タイミングが悪い
・広告の量が少ない(質が悪い)
・業者の努力(営業力不足)
・売り出し価格が高い

こういった理由が考えられ、売却したい人の年齢層やターゲット層やニーズに対して、明確になっていないようであれば、改めて売るための戦略は練り直した方が良いでしょう。

また、不動産会社のような仲介業者としてのスタンスが悪かったり、売る意欲がなかったりと『業者の能力不足』も考えられるので、さっさと見切りをつけて別な業者を見つけるのも一つの手となりますよ。

土地の魅力不足

3つ目のケースは、『土地の価値(魅力)不足』。

現地申し込みがあって、業者もしっかりしているのに、なぜか最後の最後で買い手がつかないことが多いパターンですね。

コレは1つ目のケースと似通った部分がありますが、はっきり言います。

荒れ放題の土地なんて誰が買いますか?

買い手はその土地を購入して、夢のマイホームを建てた時までイメージを膨らませます。

その時に敷地の状態が悪かったり、周辺の環境が悪かったりすると、「ここじゃない」って思って離れてしまいます。

だからこそ、最低限の整備をして、キレイな状態を保っておくことも大事と言えるんですよ。

売れない土地を確実に売るための3か条

ここまで見てもらうと、いかにアナタが売りたいと思っている土地や業者に問題があるか、ある程度分かっていただけたかと思います。

ただ、どんな原因・理由でも基本的に何かしらの対策をすることで、売却できる可能性はぐんと上がります!

だからこそここで、原因に合わせた『確実に売るための3か条』は、心の片隅に抑えておくようにしましょう。

その1 需要がない場合の対策法は価格調整と広告範囲の拡大!

・人がいない(需要家人口問題)
・魅力がない(競合物件が多く、今の条件では買い手がつかない)
・買い手にとってデメリットが多い(土地の状態や場所など)

こういったことが考えられる『需要がない』ケースで売れない場合は、需要が見込めるエリアまで広告範囲を広げてみたり、売り出し価格の調整を考えてみたりするのがおすすめ。

特に売り出し価格の調整は、買い手にとって得でしかないので、ある程度妥協して価格を控えめにすると、購入希望者の目に止まる可能性が格段に上がってきますよ。

その2 売り方が間違っていたら思い切って不動産を変えてみる!

・ターゲットミス
・タイミングが悪い
・広告の量が少ない(質が悪い)
・業者の努力(営業力不足)
・売り出し価格が高い

マーケティングの練り直しの必要があったり、不動産業者に問題があったりするケースの場合は、思い切って業者を変えてみるのも1つの手。

現在とは別の不動産会社に一括査定を依頼して、結果の妥当性を比較して算定しなおしてみるのが結構鉄則だったりします。

そのうえで、ターゲット層の変更などのマーケティングの練り直しを行っていきましょう。

一括査定するならHOME4Uがおすすめ

『HOME’S』が運営するHOME4Uは大手の不動産以外にも、地元の不動産会社を含めた幅広いリサーチが出来るので、地方の土地を売りたい人にもおすすめですよ。

その3 魅力アップはとにかく管理をしっかりするべし!

最後の押しの一手となる『その土地の魅力』は、建築参考プランを作ってみたり、敷地の清掃や整備を行ったりと、意外と簡単なことですぐ買い手がつくことが結構多いです。

だからこそまずは、だれでも簡単にできる『現地確認申し込み前の清掃や整地』は徹底して行っておくようにしましょう。

土地がきれいだと、すぐ建物の建築に取り掛かりやすくなりますし、買い手のイメージも膨らみやすい。

そのうえで、建築の参考プラン等が用意されていると、グッと購入まで近づきますよ。

参考サイト:「家を売りたい!」と思ったらコレを見ろ!|家を売るためのお役立ち情報サイト

まとめ

よっぽどのことがない限り、売れない土地でも売ることが出来る!

ここまで読んでいただけたかたなら、よくわかっていただけたかと思います。

売れない土地は、土地だけではなく依頼主(アナタ)の整備不足だったり、業者自体が悪かったりと色々な原因がありますが、対策はいくらでもできるんです。

そのため、まずはすぐできる清掃・整備を始めつつ、もう一度無料一括査定サイト等で業者を選びなおしてみることをオススメしますよ。